和装ならではの良さ|日本人にうってつけの振袖はレンタルが定番|醍醐味を味わう

和装ならではの良さ

生地

多様な魅力があります

一昔前とは違い、普段着として着物を着る人は減りましたが、そのことが、かえって着物の特別感を上げ、おしゃれ着としての価値を高めています。また、着るだけで洋服とは違った雰囲気を出せるのも、着物の魅力の一つです。そして、場に合わせた種類、格の物を選ぶだけで、相手に失礼のない装いをすることができるのも、着物ならではです。着物のなかで一番身近で手軽なものといえば、浴衣です。絹を織り込んだ高級品から、木綿生地、ポリエステルのものまで様々な種類があり、用途、予算に合わせた物を選ぶことができます。成人式や初詣に着ることの多い振袖は、最高の晴れ着であり、特別な一日を演出してくれます。絹ならではの風合いや光沢、重量感は、どんなアクセサリーにも負けない装飾です。おしゃれ着として使える小紋は、お稽古事や観劇など着られる機会が多いので、持っておきたくなる一品です。正式な場ではないものの、おしゃれをして出かけたいときに、ワンランク上の装いをすることができます。

手軽さと便利グッズ

着物は、小物を変えるだけで印象を変えられる、という手軽な面もあります。半襟、帯締め、帯揚げ、帯留め、バッグ、草履、根付けなど、合わせる物を変えれば、同じ着物でもまた違った印象になります。着物、帯をたくさん揃えることは難しくても、このような小物で変化を付けることが出来ます。また、着物には色々な便利グッズが販売されており、着物を使いやすくしてくれています。結んだ形で販売している帯は、着付け初心者はもちろん、手を後ろに回すのが難しい方でも、手軽に着付けをすることができる物です。コーリンベルトは、襟元の着崩れを防いでくれますので、着慣れない方は付けておくと安心です。伊達締めは、マジックテープ式のものが着付けしやすく便利です。